イメージ画像

ネットユーザーの出会いサイトへのイメージ

インターネットは便利なもので、色々な検索サイトに繋げる事が可能なものになってます。
またこういうネットを使って、趣味だけでなく仕事やバイトなどに利用する人もたくさん見受けられます。
またネット利用者の大半は実に色々なサイトを見ている事だろうと推測されます。

無料の出会い系サイトならば、会員登録した事がある人もたくさんいる事だろうと思います。
色々自分の目で確かめての登録なので、大体の人は自分が登録したサイトは安全だろうと思いこんでる人が大半だと思います。
しかしここが大きな盲点であって、一見普通の安全な出会い系サイトを装い、
実は裏ではとんでもない悪いサイトだったりするのです。

見た目普通に安全だろうと思って、自分の個人情報を全て登録してしまったりすると、それらは裏の顔である悪いサイト業者にも同時登録されるという手口になっているのです。

サイト名の最後が違ったりとか、利用者が読み落とす様な分かりにく名前を使ったりして巧妙に騙しているのです。
無料サイトだからお金は絶対かからないはず、と思いこんでいる利用者の所にある日突然料金請求が届くという仕組みになっています。
利用者は全く身に覚えがないから当然ながら驚きます。

また利用者が全く同意をしていないにも関わらず、知らない間に勝手に有料悪徳サイトに登録されているのを、後になって知る事になるのです。
そして利用者がその様な身に覚えのない有料サイトから来た請求を拒否したとします。

そうすると、次はこれまた全く覚えのない別サイトからも請求メールが届くというからくりになっているようなのです。
一つだけでなく、いくつも似たような悪質サイトを運営しているのがこれらのサイトの特徴という訳なのです。

金額請求は見ていると、とてつもない料金だったり、また支払い期限を指定してくるのですが、こういうのを要求されてもとにかくここは無視、拒否するのが一番の方法なのです。
もし恐怖感から一度でも支払ってしまったりしようものなら、次から次へと請求書は止まる事なく来る結果となってしまうのです。
利用者は分からないかもしれませんが、実は同時登録という手法は、法的には完全に違法行為にあたるものなのです。

利用者の承諾を得てないものは、先方が当たり前の様に言って来ても所詮は法に
触れているのです。
有料サイト上における承諾というのは、詳細な規約や利用料金の説明、そして利用者がそれを承諾した段階で初めて承諾しました、という事になるのです。

だから覚えがないものであるならば、決して相手の要求指示には乗らない様にする事が大事です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年6月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ