イメージ画像

せふれBBS掲示板拒否されたもの以外のメールアドレスを使って新たにメールを送りつけてくるだけです

「せふれサイトに登録したらアクセスしたら大量にメールが悩まされるようになった…何がいけないの?」と、驚いた経験のある人も数多くいらっしゃるのではないでしょうか。
筆者もそういう体験はありますが、そういった迷惑メールにてこずるケースは、使用したせふれ掲示板が、どういうわけか分からないのですが何か所かに渡っている可能性があります。
どうしてかというと、せふれアプリのほとんどは、サイトのプログラムにより、他のサイトに登録されているアドレス情報を丸ごと別のサイトに漏らしているからです。
言うまでもないことですが、これは利用する側の意図ではなく、いつのまにか流用されてしまう場合がほとんどなので、登録した人も、全く知らない間に何か所かからダイレクトメールが
付け加えて40代 せふれ自動で登録されているケースの場合、退会すればいいだけと油断する人が多いのですが、サイトをやめたところで効果無しです。
そのまま、サイトをやめられず、他のせふれ掲示板にアドレスが筒抜けです。
設定をいじっても大きな変化はなく、拒否されたもの以外のメールアドレスを使って新たにメールを送りつけてくるだけです。
一日で受信箱がいっぱいになるほど送信してくる場合にはただちにこれまでのアドレスを変えるしかないのでうっかり登録しないよう注意が必要です。
この前こちらに掲載した記事で、「せふれアプリで仲良くなり、楽しみに会いに行くと犯罪者だった」と言った経験をした女性の話がありましたが、女性が嫌になると思うでしょうが、その男性を嫌うのではなく付き合うことになったのです。
どうしてかと言うと、「普通の男性とは違って、どうして良いか分からないままその時は一緒にいくしかなかった」と思ったそうですが、より詳しい内容になったところ、普通の人にはない部分を感じてそのまま一緒にいった所もあったようです。
彼の犯罪の内容というのも、決して小さくはないナイフで刺した相手も親だったという話だったので、危険に思うのもおかしな事ではないと心の中では考える場合があるでしょうが、実際に話すと温厚そうな人で、結構親切にしてくれるところも多く、悪い事はもうしないだろうと思って、恋人関係に発展していったのです。
その後も上手くいけばいいのですが、男性におかしな行動をする場合があったので、自分から勝手に家を出ていき、結局は別れることにしたという終わりになったのです。
一緒の部屋にいるだけなのに落ち着くことが出来ないので、同棲していたにも関わらず、少しでも早く離れようと突発的に出ていくことにしたそうですが、どうも何も無いがただ怖かったという部分も確かにあったようですが、ちょっとした言い合いにでもなると、手を上げて黙らせたり、凄まじい暴力を振るう感じの態度をとる事があったから、求めに応じてお金まで出し、他にも色々な頼み事を聞いて、一緒に生活を続けていたというのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年8月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ