イメージ画像

サクラに騙されない

「サクラ」という言葉の意味をご存じでしょうか?
これは実は昔から存在している言葉ではあるのですが、意味は誰かと組み猿芝居をして第三者を騙すという意味なのです。

元々は大道芸人などがお客にバッタ物を法外な値段で売りつけて逃げる為に、まずは自分がお客の一人のフリしてその商品を積極的に買う。
そこに集まった人は、サクラが買ったのを真似して偽物を買う。

群衆心理をつけ込んで人を騙すのがサクラの仕事という訳です。
犯罪捜査などでよく言われるおとり、と呼ばれる物と同じだという事なのです。
悪質な出会い系サイトはメール送受信や写真閲覧なども大抵がポイント制を導入しているので男性会員はそれこそ格好のカモ、いわば金づるであり、これら会員に対して女性会員からメールを送るのはとても大事なものとなっています。

大抵のサイトにはメールレディと呼ばれるサクラの存在がいて、本当の女性が書いてる場合もありますが、本物ではない女性会員、つまり男性がネカマのふりして書いてるケースも多々あるのです。

男性会員と堂々と女性のフリをしてメールやり取りをしてるという訳です。
主婦とかも自宅のパソコンからサクラとしてメールレディをする事は十分に可能ですね。
何故なら、会社の仕事みたく、仕事場に行って作業をするという仕事ではないからです。自宅から可能ですからね。
また男性からするとやり取りしてる女性は一人だけれど、メールを書いているのは一人のサクラではありません。

複数いて、それぞれが男性の気を引くような内容を書きますから、その内容は本当に色々です。
女子大生のサクラならば、若い人の流行内容とかをかけるでしょうし、また人妻ならば、もっと手の込んだ内容をかけるのではないかな。。。と思います。

ただ恋愛経験があまりない独身女性の場合は、複数の男性会員とのメールのやり取りは少々厳しいものがあるかもしれません。
やはり何事もそうですが、経験がものをいう訳です。

なので、独身女性よりは人妻の方が色々な事を経験済みなのでこの仕事には向いてる様な気もします。
当初は割り切って、サクラとして相手とやり取りしてた女性も段段と相手の男性会員に惹かれていき、本当に好きになってしまうケースもあります。

長くやり取りしてるとやはりそこは人間、情がわいて来てしまいますから。
本当にリアルで会ってしまうサクラが出現してもおかしくはないと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年6月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ