イメージ画像

狙った相手にダイレクトなパワーを送ってやり直したい気分にする恋愛占いも人気ですひつじ年恋愛占い10月

恋人ではなくなっても、それからも友人として交流する関係をキープしているなら、客観的に復縁も楽生に思うでしょう。実際はそんな簡単な話ではないのです。
恋人関係にピリオドを打っても仲がいいわけで、何か大きな問題が引き起こされなければ幸せな時期に向こうが別れ話を持ち出しても恋愛占い 無料 絶対当たる合意するはずがありません。
もし他の彼女あるいは男性ができて心変わりしたのが原因だったとしても、フラれた方によほど耐えかねるところがあったからでしょう。原因は、とても無視できるものではなかったはずです。
簡単に解決策が見つかるなら、お互いに協議を重ねて、二人で解決に向けて協力し合っていたものと思われます。
まず「何が原因だったのか」それをチェックするのがポイントです。こんなときに聞いてみても、「済んだことだから」と聞き出せないかもしれません。
理由をチェックすることで、過去の出来事を揺り起こそうとするのを不思議に感じることも考えられます。相手の方からヨリを戻したいと思わせるようにするのが、この微妙な間柄では最良の手段でしょう。
なぜ別れたいと思ったのか。それは恋愛占いの力で証明できます。利用者の原因が解明されれば、そこを直していき、派手にアピールするわけでもなく新しいあなたを見せます。
この手段で「もう一度いっしょになろうか」という心持にさせるのです。自分の悪い癖を矯正しなくても、狙った相手にダイレクトなパワーを送ってやり直したい気分にする恋愛占いも人気です。
それではそれほど時間が絶たないうちに「やっぱり絶交しよう」と同じような理由で関係が続かないことが十分に考えられます。
四柱推命で流年運も重大な部分を占めています。私たちには「変えられないはずの運命に打ち勝つ」力もありますが、実はそれ自体も運命の一部だったりします。
タイミングよく抵抗する力を得たことで、悪い時期でもそれに対処したという次第が多くのパターンです。
どうしても戦わなければならない悪い状況は運命に入っています。
つけ加えてその悪運がないといい恋愛恋愛恋愛恋愛占いも巡ってこないという、対になった存在といえます。重要な相手とのお別れを予見できます。
付き合っていたなら関係が終わる、意中の人がいてカップルになれそうだったのにもう少しのところで婚約破棄されるといったことが予想できます。そのため、恋が上手くいかなくても、それは運命づけられていたことなのです。
相手とのやり直そうと考えるより、新しい出会いに転換した方が良縁に巡りあうと期待した方がいいでしょう。
ただし年内に新しい恋人をゲットしたとしても、あなたの願いどおりスムーズにいくようにするにはとても努力しなければなりません。
寂しい気持ちや悲しい気持ちはそのまま受け入れなければいけない時期です。この時期を通り過ぎてから次の恋を楽しめるのです。
けれども月干星が「偏官」「正官」「偏印」「印綬」にある際には、比較的穏やかな気持ちで毎日を送れます。
もちろんのことですが、大運との関係で吉凶は変わってきますので、
古代中国で生まれた四柱推命の難しさは難解な点にあるのですが、アテになる占い師を探して大まかな星の動きから細かい出来事まで理解してもらえます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年10月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ