イメージ画像

もしかしたらいるのかもしれません出会い系たぷり

質問者「もしかして、芸能の世界で修業をしている人ってサクラをメインの収入源としている人が大勢いるのでしょうか?」
E(業界人)「きっとそうですね。サクラで生計を立てるって、シフト他に比べて融通が利くし、俺たちみたいな、急に必要とされるようなタイプの人にはばっちりなんですよ。予測できない空き時間にできるし、貴重な経験の一つになるし…」
C(とある有名アーティスト)「経験の一つになるよね、女のキャラクター作るのは一苦労だけど自分たちは男目線だから、自分が言われたいことを向こうに送ればいい訳だし、男の心理をわかっているから、相手もころっと飛びついてくるんですよね」
A(メンキャバ勤めの男)「予想に反して、女の子のサクラは男の心がわかってないからはっきり言うと下手っすよね」
ライター「女の子のサクラより、男性がサクラをやる方が優れた結果を残しているのですか?」
D(芸能事務所在籍)「そうかもしれないですね。優れた結果を残しているのは大体男性です。なのに、僕は女のキャラクターを演じるのが下手くそなんで、いつも叱られてます…」
E(某芸人)「知られている通り、うそつきがのし上がるワールドですからね…。女の子になりきるのが大変で…俺も骨を折っているんです」
筆者「女キャラクターを作っていくのも、相当大変なんですね…」
女性の人格の演じ方についての話で盛り上がる彼ら。
途中、ある発言を皮切りに、自称アーティストのCさんに向けて好奇心が集まりました。
出会い系の治安維持のためしっかりとカードする人がいる、そんな嘘に思えることを見聞きしたことがある人も、もしかしたらいるのかもしれません。
大前提として、SNSおすすめアプリ云々以前に、他の多くのネットツールでも、殺してほしい人の要望、巨悪組織との交渉、児童が巻き込まれる事案、このような法律に反する行為も、見えないところで行われているケースは多いわけです。
上記の事例が犯罪者が得をするケースなど、あまりに不公平ですし、いかなり理由があろうと、あまりに危険すぎる存在なのです。
プロバイダーに問い合わせ情報請求を行いSNS おすすめ住所を特定して、いとも容易く犯人を見つけ、事件を終息してもらうことになるのです。
「誰かに見られるのはちょっと不安」問題が気になる人もそれなりにいるかもしれませんが、万全の対策をして細心の注意を払いながら、必要最低限の範囲で注意を払いながら全力で犯人を突き止めているのです。
こういう情報を見ると、以前にも増して日本は怖い国になってしまった、日本はどんどん終わりに向かっていると悲観する人も少なくないようですが、それは大きな誤解であり、今の時代はむしろその数は減っており、幼い子たちが犠牲になる事件も一昔前の方がたくさんいたと言われているのです。
よりよいサイトにするため、24時間体制で、多くの人たちがしっかりと巡回するわけです。
言わずもがな、この先も違反者の発見にさらに力を入れて、ネットでの危険行為は下降傾向になるだろうと発表されているのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年6月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ