イメージ画像

神待ちスポット鹿児島者の数を救っています

出会いを見つけるサイトには、法を破らないようにしながら、ちゃんと運営しているしっかりしたサイトもありますが、悩ましいことに、そのようなサイトはごく一部です。
その特別なグループ以外のサイトは、疑うまでもなく詐欺だと分かる行為を悪いとも思わずにやっており、女性に飢えている男性を騙しては搾取し、騙しては搾取しを出来る限り繰り返します。
無論こんなことが法に触れないはずがないのですが、神待ち掲示板運営で食べてい人は逃げてしまえば大丈夫と思っているので、IPを何度も変えたり、事業登録している住所を何度も移転させながら、警察に目をつけられる前に、活動の場を撤去しているのです。
このような逃げなれている詐欺師が多いので、警察が法に触れる神待ち掲示板を掘り起こせずにいます。
早々となくなってしまうのが世のためなのですが、違法な神待ち掲示板はなくなる様子もありませんし神待ち掲示板思うに、中々全ての極悪サイトを取っ外すというのはそう簡単な事ではないようなのです。
悪質な神待ち掲示板がいつまでも人を騙して金を搾り取っているのを好き放題させておくのは腹がたちますが、警察の悪質サイトのコントロールは、確実に、被害者の数を救っています。
一筋縄ではないかもしれませんが、、パソコン越しの世界から問題サイトを一層するには、そういう警察の調査を頼って待つしかないのです。
出会えるサイトを使う人達に問いかけてみると、大多数の人は、孤独になりたくないから、一瞬の関係が築ければ別に構わないと言う考え方で神待ち掲示板に登録しています。
簡潔に言うと、キャバクラに行く料金を節約したくて、風俗にかけるお金もかけたくないから、料金がかからない神待ち掲示板で、「手に入れた」女の子でリーズナブルに済ませよう、と捉える男性が神待ち掲示板にはまっているのです。
逆に、「女子」側では相違なスタンスをひた隠しにしています。
「どんな男性でもいいから、お金持ちで家事をしてくれる彼氏が欲しい。神待ち掲示板をやっている男性は8割9割はモテない人だから、女子力のない自分でも思い通りに扱えるようになるんじゃ…!思いがけず、カッコいい人に出会えるかも、中年親父は無理だけど、顔次第では会ってもいいかな。このように考える女性ばかりです。
つまり、女性は男性の見た目か金銭が目当てですし、男性は「チープな女性」を手に入れるために神待ち掲示板を使用しているのです。
二者とも、なるべくお金をかけずにお買い物がしたくて出会いを渇望しているようなものです。
そんなこんなで、神待ち掲示板を適用させていくほどに、男は女性を「品物」として見るようになり、女性もそんな己を「もの」として取りあつかうように歪んでいってしまいます。
神待ち掲示板の使用者の感じ方というのは、じんわりと女を人間から「物質」にしていく類の異常な「考え方」なのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年6月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ