イメージ画像

確実に女を人間から「物質」にしていくような異常な「考え方」なのです出会いアプリ

筆者「もしかするとGPS出会い系芸能に関係する中で修業中の人ってサクラをメインの収入源としている人が多く見受けられるのでしょうか?」
E(某業界人)「はい、そうですね。サクラで収入を得るのって、シフト割と自由だし、私たちのような、急にイベントに呼ばれるような職に就いている人種にはばっちりなんですよ。読めない空き時間にできるし、ちょっと変わった経験の一つになるし…」
C(アーティストの一人)「経験になるよね、女性として接するのは苦労もするけど我々は男目線だから、自分が言ってほしいことを向こうに投げかけてやればいい訳だし、男側の心理はお見通しだから、男もころっと引っかかりやすいんですよね」
A(メンキャバ勤めの男性)「想像以上に、女性のサクラをやっている人は利用者の心理がわかってないからはっきり言って下手っすよね」
筆者「女のサクラより、男性のサクラが優秀なのですか?」
D(芸能事務所関係者)「そうです。成績が上なのは大体男性です。といっても、僕は女の役を演じるのが苦手なんで、いっつもこっぴどく怒られてます…」
E(某芸人)「言わずとしれて、嘘吐きがのしあがるのがこの世界ですからね…。女性になりきるのが結構大変で…俺も頑張っているんです」
筆者「女性の人格を演技するのも、かなり大変なんですね…」
女性の人格の作り方に関しての話に花が咲く彼女ら。
話の途中で、ある発言を皮切りに、アーティストと自称するCさんに関心が集まりました。
出会い系のwebサイトを使う人達に問いかけてみると、ほぼほぼの人は、心淋しいという理由で、一瞬の関係が築ければ構わないと言う捉え方で出会いアプリにはまっていってます。
簡潔に言うと、キャバクラに行くお金を使うのがイヤで、風俗にかける料金もケチりたいから、お金がかからない出会いアプリで「手に入れた」女性でリーズナブルに間に合わせよう、と思いついた中年男性が出会いアプリにはまっているのです。
その一方で、女性サイドは全然違うスタンスを備えています。
「相手とすごく年齢が離れていてもいいから、何でもしてくれる人を彼氏にしたい。出会いアプリのほとんどのおじさんは確実にモテない人だから、平均程度の女性でも思うがままに操れるようになると思う…可能性は低いけど、イケメンの人がいるかも、バーコード頭とかは無理だけど、タイプだったら付き合いたいな。ほぼ確実に女性はこのように考えています。
噛み砕いて言うと、女性は男性の容姿か金銭が目当てですし、男性は「お金がかからない女性」を勝ち取るために出会い系サイトを運用しているのです。
両方とも、できるだけ安くお買い物がしたくて出会いを要求しているようなものです。
そうやって、出会い系サイトを活用していくほどに、男達は女性を「商品」として価値づけるようになり、女達も自分自身を「商品」として取りあつかうように考え方が変化してしまいます。
出会い系サイトの使用者の頭の中というのは、確実に女を人間から「物質」にしていくような異常な「考え方」なのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年9月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ