イメージ画像

サイト内の隠語

容姿を現した隠語も出会い系サイトには多数存在しています。
色々ある中で、レベルを決めるものがあります。
具体的に説明していきますね。

「ストレベル」、「スペック」。「ストレベル」は外見の事で、何と1~10レベルまで段階があります。
数字が高いのは見た目が良いという意味になるでしょうね。
逆に数値が低いと悪い、という意味になるようです。
「スト1」だととても不細工、「スト10」だと綺麗という感じです。

合コンとかの直接的な出会いと違い、出会い系サイトで出会うという事は一種の賭けみたいなものですから、相手の容姿が全く分からないのです。
なので、まあくじを引く様なものなのですね。それが大当たりなのか。。。はたまたガッカリする結果なのか。。。。それは引いてみるまで分からないのが実状します。

自分の好みかどうか。。。。。これは本当に会ってみるまで分からないのです。だから本当に実際に会ってみてストレベルが高いとやった!-という感情になるのでしょうね。

もう一つの似た様な言葉の意味「スペック」ですが、これも同じ見た目レベルを指す言葉となっています。ただストレベルと違うのは、レベル付けが
ないという事になります。では一体どういう使い方をするのか。
「あの人、スペックが低い。。。」という感じですね。ストレベルは容姿のみに使用してましたが、スペックはそれだけでなく、商品などにも用いられますね。

よくパソコンのスペックが高いとか言われたりしてますが、こういう言い方をしてる商品は外れではない、という意味のようです。
なので、人に対しても同じ様な用いられた方をしてますね。

まだ他にも隠語はあって、「スト師」「スト値」があって、前者はストレベルやスペックとは少し使い方の意味が異なるようです。
ナンパ師がナンパする時に見た目を判断する時に使う隠語、それが「スト師」。
スト値は、ストレベルと同じ意味で、最高レベルは「特」、その次「上」、普通は「中」というそうですね。

今までは良い意味の隠語でしたが、ストレベルが低い場合に用いるのが、「地雷」「写メ詐欺」「不可食」「逃亡」などというそうです。

サイト上の掲示板(出会い系)で知り合って、実際に会う約束をして、会った後にこの様な表現を使うのだそうです。単語の意味を解説していきますと、
「地雷」はサイトで知り合ってリアルで会ってみたけれど、相手の全てがタイプでなかった場合。

「写メ詐欺」は画像上ではすごく可愛いのに、リアルでは
全く不細工という感じ。「不可食」相手の容姿を見た瞬間に、この人とはエッチは無理、と思った場合。

「逃亡」は相手と知り合って会う約束までしたけれど、実際現場に行ってみて相手見てタイプでなく、逃げ出した場合に使います。

どれもこれも非常に失礼だとは思いますが、サイト上だけで知り合って顔見ずに会うのですから、これは発生し得る話じゃないかと思われます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年6月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ