イメージ画像

橋下徹キスフレ女達は異なった考え方を秘めています

出会い系を使う人達に問いかけてみると、おおよその人は、孤独になりたくないから、短い間でも関係が築ければ、別に構わないと言う見方でキスフレ掲示板を活用しています。
簡単に言うと、キャバクラに行くお金をかけたくなくて、風俗にかける料金もケチりたいから、お金の要らないキスフレアプリで、「乗ってきた」女の子で安価に間に合わせよう、と思う中年男性が出会い系サイトを活用しているのです。
それとは反対に、女達は異なった考え方を秘めています。
「すごく年上の相手でもいいからキスフレ 探すお金持ちで料理ができる人を彼氏にしたい。出会い系なんてやってるおじさんはほとんどがモテない人だから、女子力のない自分でも操ることができるようになると思う…ひょっとしたら、タイプの人がいるかも、おじさんは無理だけど、イケメンだったら会いたいな。9割がたの女性はこのように考えています。
平たく言えば、女性は男性の容姿の美しさか金銭が目的ですし、男性は「お手ごろな女性」を目的としてキスフレサイトを用いているのです。
二者とも、あまりお金がかからないお買い物がしたくて出会おうとしているようなものです。
そうやって、キスフレサイトを役立てていくほどに、おじさんたちは女性を「商品」として価値づけるようになり、女もそんな己を「もの」として取りあつかうように変わっていってしまいます。
キスフレアプリの利用者の主張というのは、女性をじんわりとヒトではなく「物」にしていく感じの危うい「考え方」なのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年8月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ