イメージ画像

岐阜県神戸町愛人ネット愛人サイト

交流サイトは謝礼交際とは虚偽の請求などの悪質な手口を試して利用者の所持金を持ち逃げしています。
その手段も、「サクラ」を頼んだものであったり、はじめから利用規約が架空のものであったりと、とりどりの方法で利用者を惑わしているのですが、警察が無視している対象が多い為、まだまだ露呈されていないものがふんだんにある状態です。
殊に、最も被害が甚大で、危険だと勘繰られているのが、小学生を対象にした売春です。
誰がなんと言っても児童買春は違反ですが、謝礼交際アプリの目立ちにくい極悪な運営者は、暴力団と連絡して、知りながらこの児童を使った仕方で利用ユーザーから大金を漁っています。
この際周旋される女子児童も、母親から売られた「物」であったりややこしい事情のある人物であったりするのですが、暴力団は高々利益の為に、当然の如く児童を売り飛ばし、謝礼交際アプリと腕を組み荒稼ぎしているのです。
ここで示した児童はおろか暴力団とつながった美人局のような手下が使われているケースもあるのですが、暴力団の大部分は、女性を贖い物として使うような犯罪を行っています。
本来は火急的に警察が制止すべきなのですが表に出せない兼ね合いがあって結果的に取り締まりの対象にならないケースなのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年8月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ