イメージ画像

騙しては搾取しを出来る限り繰り返します台湾人のせふれ

先日ヒアリングしたのは、まさしく、現役でステルスマーケティングのアルバイトをしていない五人の少年!
出揃ったのは、メンズキャバクラで働いているAさん、普通の大学生Bさん、自称クリエイターのCさん、某芸能プロダクションに所属したいというDさん、芸人に憧れるEさんの五人です。
筆者「まず始めに、着手したキッカケから尋ねてみましょう。Aさんは後ほどお話しください」
A(メンキャバ就労者)「オレは、女心が知りたくて始めることにしました」
B(1浪した大学生)「小生は、稼がないと意味がないと思って辞めましたね」
C(表現者)「うちは、ジャズシンガーをやっているんですけど、まだ新人なんでたまにしか稼げないんですよ。実力をつける為には目立たない所からこつこつ下積みするのが大事なんで、、こうしたバイトもやって、当分アンダーグラウンドな経験を重ねようと思って」
D(タレントプロダクション所属)「おいらは、○○って芸能事務所にてミュージシャンを辞めようと考えているんですが、一回のリサイタルで500円ぽっちしか貰えないんで…先輩に教えて貰ったサクラのバイトを仕方なくやってるんです」
E(若手お笑い芸人)「実際のところ、俺様もDさんと近い状況で、コントやってたった一回数百円の贅沢とは言えない生活してるんです。先輩が教えてくださって、ゲリラマーケティングのバイトをしなければと考えました」
あろうことか、メンバー五人のうち三人がタレント事務所に所属中という華々しいメンバーでした…、かと言って話を聞かなくてもわかるように、五人にはサクラ独自の楽しいエピソードがあるようでした…。
出会いを提供するサイトには、法を厳守しながら、きっちりと運営している安全なサイトもありますが、がっかりすることに、そういった安心して利用できるサイトはごく一部です。
その特別なグループ以外のサイトは、手に取るように詐欺だと分かる行為を行い、出会いに飢えている男性を騙しては搾取し、騙しては搾取しを出来る限り繰り返します。
言わずともこんなことが違法でないはずがないのですが、せふれサイトを運営する人は簡単に逃げられると思っているので、IPをバレる前に変えたり、事業登録している住所を転々とさせながら、警察の手が届く前に、基地を撤去しているのです。
このような幽霊のような詐欺師が多いので、警察が違法なせふれサイトを悪事を暴けずにいます。
早いところなくなってしまうのが最高なのですが、出会いを求める掲示板は少なくなるように見受けられませんし、所感としては、中々全ての極悪サイトを除去するというのは困難な作業であるようなのです。
法に引っかかるせふれサイトがいつまでも人々を騙しているのを好き放題させておくのはイライラしますが、警察の悪質サイトのコントロールは、一歩ずつ、被害者の数を助けています。
一筋縄ではないかもしれませんが、、ネット社会から怪しいサイトを片付けるにはせふれ やめたいそういう警察のパワーを期待するしかないのです。
怪しいサイトは、違法な請求などの悪質な手口を実行して利用者の蓄えを奪い去っています。
その手順も、「サクラ」を仕込んだものであったり、利用規約そのものが不誠実なものであったりと、千差万別の方法で利用者を惑わしているのですが、警察が無視している可能性が大きい為、まだまだ明かされていないものが複数ある状態です。
この中で、最も被害が甚大で、危険だと勘繰られているのが、幼女売春です。
当然児童買春は法律に反していますが、せふれサイトの目立ちにくい悪辣な運営者は、暴力団とつながって、故意にこの児童を使った方策で利用ユーザーから大金を盗み取っています。
こうやって周旋される女子児童も、母親から送りつけられた人であったり面倒な事情のある人物であったりするのですが、暴力団は自身の利益の為に、気にかけずに児童を売り飛ばし、せふれサイトと合同で旨味を出しているのです。
このような児童に収まらず暴力団と昵懇の美人局のような美女が使われているパターンもあるのですが、暴力団の大半は、女性を贖い物として使うような犯罪を実践しています。
ちなみに早めに警察が立ち入るべきなのですが煩わしい兼ね合いがあって現在でも取り締まりの対象にならないケースなのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年6月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ