イメージ画像

結婚を決めるときのjouken

恋愛の先にある結婚というものを考えた場合には、ある条件というものを満たしていなければなりません。

いくら恋愛関係を築いている時に楽しくても、それが結婚相手となりえるかというとそうではありません。結婚できる女性になる条件として大事なのは、金銭感覚をしっかりと持つこと。家庭を築いていく上で、自分のためだけのブランド物なんてものを何の躊躇もなく買い物をするようでははっきり言ってアウトです。化粧品なんてものや、洋服だってそうですね。結婚に不向きなセフレだということになります。

他にもわがままというものをあまり言わない女性ですね。時に可愛らしいわがままをいうことは許されますが、自分のことを棚に上げて、女性だからとわがまま放題をすることを要因させるような行動をしていると、結婚後もそれに付き合うハメになるのか?と思われてしまいます。これは本当によくありませんよ。

これに似たようなことでは、パートナーに依存しすぎないということです。自立心の薄い女性は、男性の結婚相手としては見なされる可能性が低いのです。これを頭に入れて恋愛関係を築いていかないと、結婚には結びつかないことが多いのです。子供じみた女性と結婚をし、家庭を作っていくことは難しいと男性は考えるのですよ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年9月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ