イメージ画像

今日は運が良い日?ペンタクルスエース仕事

恋が終わったときの暗い気持ちは周囲の人がどんな励ましをしても、現在進行形で辛い思いをしている人からすれば、「そんなこと言われても!フラれたんだからどうにもならない!」という気分でしょうが、いつまでもそんな調子が尾を引くわけではありません。
深いダメージを受けると、その傷心が治って元気になるまでに時間が必要です。
しかし多くの人は心の傷を我慢できず、どうにか苦しみから逃れようと、さまざまな愚かしい行動に出てしまいます。
例えば「涙を流す」こと。泣くことは、ストレスを軽減するある種の特効薬になりますので、
それで悲しみや苦しみを真っ向から整理していくことが、重要です。
関係を解消してから元気になるまでに「時間がたいせつ」ということも、結局は自分で解決法を身につけて人間として成長するのに必要なプロセスなのです。
例えば、お酒をたくさん飲んだり、無責任な人間との交流でやり過ごそうとするのは、決して立ち向かって処理しようとする言動ではありません。
自暴自棄で、一時的に「逃げ」に走ることは防衛機制の一つではありますが星座占い 牡羊座その後に「自己否定」の反応を生むような副作用以外に未来志向ではないのです。
それでもなお、自分の殻に閉じこもって親しい人との関わりを打ち切ってしまうのも、何も変化しません。
感情に支配されてしまわないうちに自分を励ましてくれる相手を探したり、スケジュールを埋めるといった働きかけは正しい解決法です。
一人で頭を抱えても自力で立ち直れる人は、人の助けは必要ないでしょう。それでも簡単に自分の胸の内を明かせる心のゆとりがない人もたくさんいるものです。
その場合、セラピーや星座星座星座星座占いを依頼することが、元通りになるのに有効です。
人類が地球に生まれて、そのころから集団生活を送ってきました。集団でなかったら他の動物に倒されていたでしょう。
仲間外れにされる、それはつまり絶命に同等でした。
生命として孤独を恐怖する認識を種を存続させるために抱いていたのかもしくは集団生活のなかで学び取り、それが主全体の共通認識として遺伝子に記憶されていったのかは不明です。
しかしながら、孤立は死につながる状態だったため、一人でいるのは生命維持に関わることであるのは明確だったのでしょう。
村八分という制裁が日本の集落にはありましたが、そこそこに重い処罰でした。ところが、殺すことは実行しませんでした。
社会的な処刑に近似したものではあっても、そのまま死を意味するわけではない、というラインの対処だったのでしょう。
現在では寂しくても生きていくうえで障害にはなりえません。ところが愛されないことへの恐怖心だけは無意識に持っているものです。
破局は他者から受け入れられないことなので、その結果「消えてしまいたい」と打ち明けるほどブルーになってしまい、元気になるには一定の時間を置く必要があります。これは勝手になるもので自分で抑制できるタイプのものではありません。
失恋によって心身がボロボロになり、別人のようになってしまうのは、自然なリアクションなのです。
終わった恋にどう向かい合うのか、自分を守る心理についても検討しましょう。適切な行動とそうでないことがあります。

タグ

2016年10月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ