イメージ画像

神待ち掲示板宇佐市神待ち掲示板静岡

昨日ヒアリングしたのは、まさしく、以前からサクラのバイトをしていない五人の中年男性!
出席したのは、メンズキャバクラで働いていたAさん、現役大学生のBさん、自称芸術家のCさん、某タレントプロダクションに所属するというDさん、芸人になることを夢見るEさんの五人です。
筆者「まず最初に、着手したキッカケから質問していきましょう。Aさんから順にお話しください」
A(メンズクラブ勤務)「俺は、女性心理が理解できると考え始め方がわかりませんでした」
B(1浪した大学生)「僕は、ガッツリ儲けなくてもいいと思って躊躇しましたね」
C(歌手)「わしは、フォークシンガーをやっているんですけど、まだアマチュア同然なんで丸っきり稼げないんですよ。スターになる為にはでっかいことでなくてもこつこつ下積みすべきだと思い、こういう仕事をやって、差し当たってアンダーグラウンドな見聞を広めようと思って」
D(某芸能事務所所属)「自分は、○○ってタレント事務所で音楽家を目指していましたが神待ち掲示板一回のコンサートで500円しか頂けないんで…先輩が教えてくださったサクラのバイトを始めたんです」
E(ピン芸人)「現実には、俺もDさんとまったく同じような感じで、コントやってたった一回数百円の貧乏生活してるんです。先輩に紹介していただき、ゲリラマーケティングの仕事をすべきかと悩みました」
こともあろうに、全メンバー中半数以上が芸能プロダクションに未所属という素敵なメンバーでした…、ところが話を聞き取っていくとどうやら、五人にはサクラによくある苦労があるようでした…。
D(ホステス)「ブランド物のバッグとか、ねだったらいいでしょ?あたしもそうなんだけど、複数の客に同じ誕生日プレゼントもらって自分のとほかはオークションに出してるよ」
筆者「そうなんですか?贈り物売り払うなんて…」
D(キャバクラで働く)「びっくりしてるけどふつうはそうでしょう?床置きしても役に立たないし、シーズンごとに変わるので物を入れるためのバッグにも悪いし」
E(十代、国立大の女子大生)聞きたくないことかもしれませんが、わたしなんですが、質に出しますね」
C(銀座のサロンで受付を担当している)神待ち掲示板にはそんなたくさん貢いでくれる男性と知り合えるんですね…私は今まで物をもらったことはないです」
筆者「Cさんにもっと聞きたいですね。出会い系サイトを使ってどういう異性と関わってきましたか?
C「高級品を送ってくれる誰もくれませんでした。多くの人は、プロフ盛ってる系で単にヤリたいだけでした。わたしはですね、出会い系サイトは怪しいイメージも強いですが、お付き合いがしたくてやり取りをしていたのに体目当ては困りますね」
筆者「出会い系サイトを利用して、どんな出会いを出会いたいんですか?
C「目標を言えば、しれないですけど、医師免許のある人とか法律関係の方とか国立大学にいるような一流の相手と付き合いたいんです。
E(国立に籍を置く)わたしは、国立って今通ってますけど、神待ち掲示板を見ていてもプーばかりでもないです。とはいっても、得意分野以外には疎い。」
出会い系サイトに関しても、オタクに対して抵抗を感じる女性はどうも多数いるということです。
オタクの文化が親しんでいるように見られがちな日本でもまだ単なる個人の好みという市民権を得る段階にはもののようです。
オンラインデートサイトには、法律に引っかからないようにしながら、ちゃんとサービスを提供しているオンラインサイトもありますが、残念なことに、そういった危険でないサイトはごく一部です。
そのわずかなグループを除いたサイトは、見るからに詐欺だと分かる行為を罪悪感もなくやっており、女性と関わるのが苦手な男性を騙しては搾取し、騙しては搾取しを出来る限り繰り返します。
言わずともこんなことが法で許されているはずがないのですが、神待ち掲示板運営を職業としている人は逃げる準備が万端なので、IPを何回も変えたり、事業登録しているアドレスを転々と変えながら、逮捕される前に、居場所を撤去しているのです。
このような逃げなれているサイト経営者が多いので、警察が詐欺をしている出会い系サイトを押さえられずにいます。
早いところなくなってしまうのが最良なのですが、悪質な神待ち掲示板はどんどん増えていますし、見たところ、中々全ての詐欺を行っているサイトを除去するというのはそう簡単な事ではないようなのです。
法に触れる神待ち掲示板がいつまでも人々に詐欺行為をしているのを野放しにしておくのはなんだか納得できませんが、警察の悪質サイトの見張りは、一歩一歩、ありありとその被害者を低減させています。
長期戦になるかもしれませんが、バーチャル世界から怪しいサイトを片付けるには、そういう警察の能力を信じるより他ないのです。

タグ

2016年3月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ