イメージ画像

顔面騎乗聖水

image_08133痴女系の風俗へと行った。マンションの一室を利用している事務所で受け付けを済ませ、付近のホテルを紹介してもらった。ホテルへと入り、少し待っていると嬢がやってきた。
「こんばんは」艶めかしい雰囲気を漂わせつつ部屋に入ってきた彼女は俺をベッドへと押し倒したポイントなし優良無料出会い系はここ!「ふふふ、今日は可愛がってあげるからね♪」彼女は微笑むとキスをしてきた。
ゆっくりと舌を入れてきたかと思えば、今度は激しく舌を絡ませてくる。キスをしながら、彼女は僕の服を脱がしていく。
服を脱がし終わって全裸にされてしまったあと、彼女は僕のペニスを手で弄びながら乳首を舐め始める。彼女の慣れた手つきでペニスを弄ばれて勃起してしまう。
「かわいい♪」彼女はそう言うと、今度はペニスに舌を這わせはじめる。裏筋からゆっくりと舌を這わせたかと思えば、今度は咥えて激しくしゃぶりつく。そして、彼女は僕の顔に跨った。
「ほらぁ、お尻好きなんでしょう」そう言って彼女はお尻を僕の顔に押し付ける。「ん?興奮しちゃうの〜?」彼女に顔面騎乗されがなら、ペニスをしゃぶられる。
「このままおしっこしちゃうから飲みなさい」彼女はそう言うと、顔面騎乗の態勢のまま放尿し始める。僕は言われるがままに彼女の聖水を飲み干していく。「いい子ね」彼女はそう言って、僕に微笑んだ。

タグ

2013年10月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コラム

時間を止める

image_06047「今だけのことを考えて居たい」
というのが、彼との恋愛の中での1番強い思いだったかもしれません。
2人の交際が始まってからと言うものの、「反対意見」というものがあるのは知っていました。
彼のほうの家が厳しく、親が‘用意した‘人で無いと
交際や結婚はできないと言うルールがあったのです。
古臭いと思うかもしれませんが、実際にまだまだあるものです。
彼はある程度の抵抗を示してくれたようなのですが
何せ家の事情もありますので、そう簡単に親の意見を跳ね除けることは出来なかったようです。
限られた時間かもしれない。
でも、彼と一緒にいたいと望んで私も恋愛をしていたのです。
それはまるで、2人して必死に時間を止めようとするような形でした。
沢山の話をして、頭の中には常に「後悔が無いように」「言い残すことが無いように」
と考えていました。
時間が実際に止まればいいのにと何度思ったことでしょう。
しかし、確実に時間は流れていきました。
そして「その時」は近づいてきたのです。
そう、私たちのお別れの時間です。
分かっていたことですのでであいけいサイト 無料 ランキングとても静かな別れでした。
私も我が侭を言わず、最後まで笑顔で終わることが出来ましたが
やはり1人で涙は沢山流しました。

タグ

2013年10月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ