イメージ画像

ステゴザウルス

image_08969ステゴザウルスという恐竜が昔から凄く好きなのですが、その影響はやはり幼少のころみたディズニー映画かと思います。
ステゴザウルスというのはジュラ期から白亜紀に生息した大体7メートルくらいの草食恐竜なのですが、何が可愛いって四足歩行のずんぐりした胴体の上、背骨に沿うように突き出す刺の様なものが、
ステゴザウルスのチャームポイントだと思います。調べてみると、近いところだと中国でも発見されているみたいですね。
このステゴザウルスが出てくるのがディズニー映画『ファンタジア』という映画なのですが、ちょっとマイナーな映画で、
内容はクラシック音楽に合わせて無声の映像を合わせていくショートフィルムが幾つか入っている映画です。
結構クラシックの選曲もメジャーな物が多く、又絵も昔のディズニーのイラストで丸みが合って可愛いキャラクターが音に合わせて動く様は本当に美しいと思うのですが、
その中の一つに恐竜の誕生から消滅までを扱った映画が入っています。そこにステゴザウルスが出てくるんですね。
その中でティラノに襲われる役にそのステゴザウルスが当たっているのですが、その体の不器用な動きと、さらには尻尾で戦うけなげさスケベ熟女そしてハ虫類の様なつぶらな瞳がもう可愛くて。
現代でも恐竜の発掘や技術向上に寄り色々と認識が改められいる恐竜ですが、又新しい発見が無いかなぁ、と待ちわびる日々です。

タグ

2013年9月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コラム

ボディータッチ

仕草というものであったり、態度というもので最もわかりやすい好意の伝達方法とされているのは、ボディータッチというものです。
タッチングなどのスキンシップの頻度というものは、好意を示すためには非常に重要なものなのです。
基本的に男性は好意を感じているような女性にしか触れようとはしません。
逆に触れられたいとも思わないものなのです。
ですから、相手が自分に対してベタベタとスキンシップを取ってきたり、またこちらがベタベタと触ったとしても、全く問題ないというような態度をしているようであれば、当然にそこには好意というものがあると判断をしても良いのですよ。
ただし、俗にいうチャラ男というようなタイプの男性ならば、女性の体に触れることに抵抗や特別感というものを持っておらず、誰に対してもスキンシップというものを行なっていくことができるものなのです。
ですからこういった男性であるのかどうかということを、判別する目というものが大事になってきますよ。
男性がスキンシップをとる場合には、好意の伝達の他にも、相手のリアクションを様子見する目的で行う場合もあるのです。
リアクションで抵抗感を感じられれば、アプローチの方法を変えるといった具合にです神待ちで援助
もしもあなたが付き合いたいと思うなら、まんざらでもないリアクションを取りましょう。

タグ

2013年9月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コラム

巣立っていく後輩たちを見て

image_05593私は会社員です。小さな会社なので、社員数は少ないです。大学を卒業してからずっと今の会社に勤めています。社歴が一番長いので、一応管理職に就かせてもらっています。
ですから、新入社員が入ってくると研修もやらなければいけません。今までは研修担当の別の社員がいたのですが、退社してしまいました。
その後、相次いで中堅社員が退社していって、私の下は入社して間もない社員だらけになってしまいました。そうすると、新人研修はおのずと私にまわってきます。
新人研修は久々ですので不安でしたがline 掲示板 静岡教えることで学ぶことも多く、すごくやりがいを感じています。数ある新人研修のうち、一番大変なのが営業研修です。
うちの会社は、とにかく分厚い営業マニュアルを読み込んで、テストを繰り返します。その大変さに、うつになりかけたり退社してしまう人もいます。
せっかく何かの縁で入社してきた人にそんな挫折を味わわせたくない、そう思い叱咤激励を繰り返しながら研修をしてきました。そして今日、また新たな社員が営業研修をクリアしました。
明日から現場で営業を始められます。営業研修をクリアしていく社員を見るたびに、巣立っていく子を見送るような親の心境になってしまいます。
早く実際の現場でも役立つような一人前の社員に育ってほしい、と願っています。

タグ

2013年9月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コラム

コインランドリー

天気が悪くなってきた。
今週はいまいちパッとしない天気らしいと、朝の情報番組の週間予報で伝えていた。
沖縄はもう梅雨に入っている。
これから天気のどんよりした日が続いて、洗濯物も外に干せなくなる。湿気が増えてジメジメする。それを考えただけで気分が沈む。
何よりも洗濯物が部屋干しになることが、一番のブルーな気分の種だ。
部屋は狭くなるし、なかなか乾かない。布団も干せないので重たくなってくる。
こういう時に、コインランドリーに行くと気分が晴れる。
洗う所からコインランドリーを使うとお金がかかるので、節約するために洗って持って行く。
大きな乾燥機に洗濯物を放り込む。布団は干せないが、せめてカバーだけでも洗ってキレイにする。
シーツも一緒に放り込む。そして扉を閉めて、コインを入れる。
大きなドラムの中で、洗濯物がぐるぐる回る。それを横目に見ながら休憩する。
いつも使うコインランドリーには、マンガがたくさん置いてある。
それを読みながら終わるのを待つ。たまにはお菓子も持ち込んで、チョコレートをつまみながらページをめくる。
あっという間に乾燥が終わる。
乾燥機の扉を開けると、乾かしたての温かい洗濯物が入っている愛人募集で出会った人妻
これを畳むための台の上に移すのだが、この時が楽しい。
洗いたて、乾かしたてのふかふかのシーツを腕いっぱいに抱えるのが、何とも気持ちがいい。思わず顔をうずめる。
一枚づつ丁寧に畳んで、持ってきたかごに入れて、車に乗せる。
お金はかかってしまうけれど、梅雨時を楽しく過ごすためには、たまにはこれくらいの贅沢をしても良いだろうと思っている。
主人だって、パリッと乾いているシャツの方が気持ちいいに違いない。
多少の出費は我慢してもらおう。

タグ

2013年9月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コラム

痛風の夏

image_02780
夏は痛風になる人が多いらしい。
痛風と言うのは風が吹いても痛いので痛風と言うらしいが、実際にかかった人の話によるとそれどころではなく、
「鬼の金棒で足をギュゥと潰されているような今まで感じたことがないほどの痛み」らしい。
夏に痛風患者が増える原因の一つは、水分補給不足だそうだ。
痛風を引き起こす尿酸という物質は、どんな人の身体の中にも存在する。
その物質が水分不足やプリン体の取り過ぎで飽和状態になると、
普段は腎臓で処理され尿として排出される尿酸が、処理しきれずに身体の中に溜まってくる。
そうなった尿酸は身体の中のナトリウムと結びつき、尿酸塩という物質に変わる。
尿酸塩は関節に溜まっていく性質を持つ。その尿酸塩を抑えようと白血球が攻撃をしたときに、関節に激痛が走るのである。
昔から中年男性がかかりやすい病気と言うイメージがあるが、若い痛風患者や女性の痛風患者も増えているという。
20代で痛風にかかる人も少なくなく、30代の男性患者が最も多いという。
現在日本全体では推奨出会い系100万人の痛風患者がいる。痛風予備軍の人は1000万人いると言われていて、全体の5%ほどが女性である。
女性が痛風にかかりにくいのは、女性ホルモンの働きがあるから。
女性ホルモンが腎臓に働きかけ、尿酸を排出しやすくしているのだ。
だから女性ホルモンの働きが衰えてくると、痛風を発症する女性もいるらしい。
一般にアルコール、特にビールの飲み過ぎは痛風を起こしやすくすると言う俗説があるが、
実はビールに含まれるプリン体の量は、他の食品と比べてもさほど多くない。
それよりも納豆やたらこなど、意外な物にプリン体は多く含まれている。
夏は水分補給と、バランスのとれた食事を心掛けたほうが良さそうだ。
普段から外食が多い方は要注意である。

タグ

2013年9月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ