相手が独身なら自分のことだけを気をつければいい

不倫において、自分は結婚していても相手が独身であれば、自分のことだけを気をつければいいわけです。
もしお互いに既婚者だった場合、双方のパートナーが家族に細心の注意を払いながら付き合わないといけませんが、自分だけならまだ負担は少ないのです。

例えば、誰かに不倫をしているところを見られたくない場合は、自分の住んでいるところから少し離れた場所で出会えばいいわけです。
もし双方とも結婚をしていれば、相手側も誰かに見られると困るわけですから、かなり遠い場所まで行かないといけないかもしれません。

また、どちらか一方だけ結婚している場合であれば、比較的予定の方も合わせやすいです。
基本的に結婚をしている側の都合を考えればいいわけですから、それなりの頻度で出会うことができるでしょう。

これが両方になると、予定を合わせるのもかなり難しいでしょうし、あまり頻繁に出会うこともできないわけです。
それでは不倫を楽しむこともできないでしょうし、お互いにあまり満足できなくなってしまうのです。

そういったことを考えると、もし不倫を希望するなら独身者を探すのが鉄則とも言えるのです。

関連記事

Copyright © 悪質出会い系サイトにご用心!失敗しないセフレ探しポイント, All rights reserved.